AdobeStock_268986595看護師.jpeg
医療のお仕事探しは
ヒーローズ

【ヒーローズ】について

医療系に特化したお仕事情報サイト[医療Hero’s]は、全国各地の勤務地から医療のお仕事を探せます。医療系の様々な職種の中からご自身に合った働き方のお仕事がきっと見つかります。長期でもレギュラーでも高時給のお仕事でも、お給料は「日払い」「週払い」「月払い」などご希望に沿った幅広いお支払スパンからお選びいただくことができるのが特徴です。医療Hero’sにまだご登録いただいていない方も、もし気になるお仕事が見つかりましたら、お気軽にお問い合わせ・ご応募ください。

看護師の求人

履歴書や職務経歴書の書き方、職種別のアドバイスやスキルアップのコツなど

​その他の求人

看護師の役割

特別養護老人ホームの看護師とは

看護師

こんな方にお勧め! 

東京都内での年収は400~450万が一般的。
 

・日勤のみで働きたい!育児からの復帰看護師さんに人気です。

・プロセス管理が必要な為、アセスメント能力が付きます!

・利用者の入居平均期間4年と長く長期的に利用者への看護ができる!

親子
患者と話をする看護師

特別養護老人ホームは有料老人ホームなどと比べて費用負担が軽く、入居希望者も常に多いです。

また民間ではなく公的サービスのため、要介護度の高い方が優先的に入居されます。

「24時間の医療ケアが必要」といった医療依存度が高い方は多くありません。しかし民間運営の介護付き老人ホームより平均要介護度が高い施設がほとんどになります。

療養型病院などの勤務経験のある方は経験が活かせる施設となります。

100名入居者で看護師配置は常時3名と義務付けられております。

特別養護老人ホームは要介護度3以上です。老人保健施設はリハビリ(社会復帰)を目的といた施設になる為期間は短く、特別養護老人ホームは一人の利用者へのサービス期間が長いのが特徴です。
日常の介護や生活サポートは介護職員が行いますので、ここでの看護師の役割は、

・利用者の健康チェックと日常で必要な医療行為
・利用者の体調に異変があった場合の応急処置
・病院に行くか救急車を呼ぶか等の判断、付き添い

看護師

一日のスケジュール

9時~

出勤、朝の引継ぎ。情報収集

9時30分~

朝の健康管理・バイタルチェック

「普段と少しおかしい」という個所を看護師の視点で早期発見し、早期治療に繋げるかどうかは大事なポイント。

血圧や脈拍、体温などの身体的な基本チェック項目をはじめ、体の痛みやそのほかの注意事項を確認。バイタルチェック表に必ず記載することが大事です。

11時~

服薬管理、準備

服薬が必要な利用者さんに対しては、服薬管理も行います。服薬管理をしやすいように朝食後や昼食後などのタイミングごとに箱に分けて入れるなどの工夫が大事です。

また、薬が利用者に合っていない場合は医師に報告をすることも大事な仕事です。

12時~

食事介助

介護士さんと一緒に誤嚥防止を心掛けつつ食事の介助をします。

14時~

レクレーションで交流、定期処置

レクレーションに参加しながら利用者の体調を観察し、場合によっては声をかけ休憩を促したり看護をします。

定期的に処置が必要な利用者さんに看護補助します。

16時~

看護記録作成

各利用者の健康状態記録を記載。

17時~

食事介助 申し送り

昼食同様に夕食も誤嚥防止を心掛けつつ食事の介助をします。

夜勤看護師さんへの引継ぎをします。

18時終業

白衣を着た女性

夜勤・オンコールとは?

特別養護老人ホームは、看護師を24時間配置する義務はありません。その為、夜勤なしの施設になります。夜勤はオンコール対応している施設も多いのが現実です。

各施設の看護師さんが対応しておりオンコールは自宅待機をしてオンコール手当を出している施設が一般的です。月に4~10回オンコール勤務があります。オンコールが出動する機会は会社によっては変わりますが2ヵ月に1回(年6回)程度が一般的です。

介護付き有料老人ホームの看護師とは

話をしている高齢者

こんな方にお勧め! 

東京都内での年収は400~500万が一般的。夜勤ありやオンコール手当などで500万近くの内示がでる看護師さんも多いです。日勤のみ400~450万が平均です。

・日勤のみで働きたい!

・介護施設(老健、特養)より給料高め!

・長期的に利用者への看護ができる!

・介護施設の数が多く、自宅近くで働ける可能性大!

・医療行為が少ないので看護が苦手な方でもストレス低

・大手企業があり福利厚生がメリットになる場合も!

看護師
看護師

介護付き有料法人ホーム内には入居者専用の居室があり、他には利用者の食堂や浴場、レクリエーションを行う共有スペースがあるのが一般的です。利用者(入居者)同士が一緒に食事をしたり、趣味やホーム内の活動を通じて交流を深めたりするなど、通常の生活と変わらないようにサポートすることが、老人ホームにおける看護師のおもな役割になります。

働く側も民間企業が運営し、大手企業の参入が著しく福利厚生などの部分でメリットが多い施設です。

 

一般的な介護付き有料老人ホームの場合、看護師は病院と違って少ない人数での勤務となります。

特別養護老人ホームより要介護度は低く、平均要介護度は1~2以上が一般的です。老人保健施設はリハビリ(社会復帰)を目的といた施設になる為、介護付き老人ホームは一人の利用者へのサービス期間が長いのが特徴です。
日常の介護や生活サポートは介護職員が行いますので、ここでの看護師の役割は、

・利用者の健康チェックと日常で必要な医療行為
・利用者の体調に異変があった場合の応急処置
・病院に行くか救急車を呼ぶか等の判断、付き添い

若い看護師

一日のスケジュール

9時~

出勤、朝の引継ぎ。情報収集

9時30分~

朝の健康管理・バイタルチェック

「普段と少しおかしい」という個所を看護師の視点で早期発見し、早期治療に繋げるかどうかは大事なポイント。

血圧や脈拍、体温などの身体的な基本チェック項目をはじめ、体の痛みやそのほかの注意事項を確認。バイタルチェック表に必ず記載することが大事です。

11時~

服薬管理、準備

服薬が必要な利用者さんに対しては、服薬管理も行います。服薬管理をしやすいように朝食後や昼食後などのタイミングごとに箱に分けて入れるなどの工夫が大事です。

また、薬が利用者に合っていない場合は医師に報告をすることも大事な仕事です。

12時~

食事介助

介護士さんと一緒に誤嚥防止を心掛けつつ食事の介助をします。

14時~

レクレーションで交流、定期処置

レクレーションに参加しながら利用者の体調を観察し、場合によっては声をかけ休憩を促したり看護をします。

定期的に処置が必要な利用者さんに看護補助します。

16時~

看護記録作成

各利用者の健康状態記録を記載。

17時~

食事介助 申し送り

昼食同様に夕食も誤嚥防止を心掛けつつ食事の介助をします。

夜勤看護師さんへの引継ぎをします。

18時終業

白衣を着た女性

夜勤・オンコールとは?

夜勤・オンコールとは?

介護付有料老人ホームには、看護師を24時間配置する義務はありません。その為に施設によっては日勤のみで夜勤なしも施設もあります。夜勤はオンコール対応している施設も多いのが現実です。

大手介護事業者などはオンコールセンターなどを開設し、各エリアで看護師さんコールセンターなどの機能を設けている会社もあります。

各施設の看護師さんが対応しているオンコールは自宅待機をしてオンコール手当を出している会社が一般的です。月に4~10回オンコール勤務があります。オンコールが出動する機会は会社によっては変わりますが2ヵ月に1回(年6回)程度が一般的です。

老人保健施設の看護師とは

車いすの高齢者

こんな方にお勧め! 

東京都内での年収は440~530万が一般的。2交代施設が多く夜勤回数などで550万近くの内示がでる看護師さんも多いです。夜勤専従だけで月勤務10日前後で年収450万円の場合あり人気の施設です。

・夜勤専従のみで働きたい!

・施設によって給料は特養や有料期以後施設より高め!

・利用者がリハビリにより回復し、退所する喜びを感じられる!

・他施設より医療行為が多いが医師が常駐しているので看護師だけの判断が少ない

打ち合わせをする看護師
リハビリ

老人保健施設は入居者さんの在宅復帰を支援する施設です。簡単に説明すると介護施設と病院の間の施設になります。医師の常駐が義務付けられ医療ケアやリハビリテーションを目的とした施設になります。

病院併設している施設が多く医療法人が運営する老健もあります。

したがって病院を退院してリハビリを目的して入居する利用者が多いです。在宅復帰が目的になりますので入居期間は3ヶ月~最長で1年になります。短期間入居というのが老健の特徴です。

笑顔の看護師

一日のスケジュール

9時~

出勤、朝の引継ぎ。情報収集

9時30分~

朝の健康管理・バイタルチェック

「普段と少しおかしい」という個所を看護師の視点で早期発見し、早期治療に繋げるかどうかは大事なポイント。

血圧や脈拍、体温などの身体的な基本チェック項目をはじめ、体の痛みやそのほかの注意事項を確認。バイタルチェック表に必ず記載することが大事です。

10時30分~

診療、医療処置

医師の診察の介助。医療処置(点滴、経管栄養管理など)を行います。

12時~

食事介助

介護士さんと一緒に誤嚥防止を心掛けつつ食事の介助をします。

11時~

服薬管理、準備

服薬が必要な利用者さんに対しては、服薬管理も行います。服薬管理をしやすいように朝食後や昼食後などのタイミングごとに箱に分けて入れるなどの工夫が大事です。

また、薬が利用者に合っていない場合は医師に報告をすることも大事な仕事です。

14時~

有料介護施設や特養のようなレクレーションはあまり少ないです。利用者の体調を観察し、場合によっては声をかけ休憩を促したり看護をします。

定期的に処置が必要な利用者さんに看護補助します。

16時~

看護記録作成

各利用者の健康状態記録を記載。

17時~

食事介助 申し送り

昼食同様に夕食も誤嚥防止を心掛けつつ食事の介助をします。

夜勤看護師さんへの引継ぎをします。

18時終業

白衣を着た女性

夜勤・オンコールとは?

老人保健施設には、オンコールよりは人員を配置して夜勤勤務のある2交代が多い職場です。夜勤専従の仕事も多いのが特徴です。

夜勤の人員配置は入居人数にもよりますが看護師1名、介護士3名の配置です。

夜勤勤務の月間6~10回になります。夜勤手当がり年収高くなる看護師も多いです。

お問い合わせ

送信ありがとうございました